MINSTREL SUEMARR

弾き語りスーマーのオフィシャルウェブサイトを少しずつリニューアル中です。

名前も “SUEMARR’S NOTE” から “MINSTREL SUEMARR” に変更になりました。

以前のウェブサイトはコチラのURLからご覧ください。よろしくお願いします。
https://suemarr.com/index_wait.html

SUEMARR on “drifting leaves” Video Collection Page
MINSTREL’S STAND Online Shop

SUEMARR sings “YOAKEMADE” at Gumbo Studio in Yokohama

横浜ガンボスタジオのYouTubeチャンネルの中で、スーマー「夜明けまで」の無接触セッション映像が公開されています。

1. SUEMARR Solo Version 
2. with 黄啓傑 tp Version 
3. with 倉井夏樹 harp Version 
4. with 黄啓傑 tp & 北山ゆう子ds & 伊賀航 B Version 
5. with 倉井夏樹 harp & 椎野恭一ds & Spicy Marico B Version

about SUEMARR

彼の名はスーマー。弾き語り。横浜生まれの生粋の日本人。まだドラマーだった1998年頃から弾き語りを始め、2002年頃にドラムスティックを置いて弾き語りに転身。以降、歌のお伴は古いギターとバンジョー、そしてお酒。各地に出向き、自作の歌はもちろん、他人の歌もまるで自分の歌であるかのように大切に歌い続けている。シンプルだが聴き手の想像次第で生まれ変わる歌は、ジャンルに括ることが難しいワン&オンリー。「酒がすすむ」と言われると喜ぶ男。

2014年のファーストアルバム『ミンストレル』に収録の8曲が、安倍夜郎・原作の漫画を映像化したドラマと映画『深夜食堂』のエンディングソング・挿入歌・劇中音楽として(現在も)使用されている。更にパイレーツ・カヌー、浅川マキ、Tracy Schwarz、武満徹の名曲もカバー。2016年にアナログ盤で先行発売して売切となっていたセカンドアルバム『泥水は揺れる』が2017年1月にCDで発売。同じく『ミンストレル』も再発売された。更に月刊紙「寒弾(KANBIKI)」を発行し、自らの随筆、俳句を掲載。月刊紙付録音源集「寒弾SONGBOOK」も毎年発売。

SUEMARR

A singer-songwriter born in Yokohama, Japan. He goes to various places with his old guitar and banjo. Active as a musician (like a minstrel) who can make a live song. In addition to the original, he continues to sing the cover song
with respect as if it were his own song. He is the one & only.

Released 1st album “Minstrel” in 2014. 8 songs is used in drama and movie “Midnight Diner”. You can listen to them on various scenes and endings. Released 2nd album “Doromizu Wa Yureru (Muddy Waters Swirl)” in 2017. A sleeve and booklet is specially drawn by Eldo Yoshimizu, a famous manga artist for “Ryuko”.

SUEMARR publishes a monthly paper, KANBIKI, which writes essays, columns and haiku. Over 100 issues. He is also a poet or a minstrel.