SUEMARR "Old Note"  ( 2005 - 2007 )

汚れた路  2006/05/08




どこに居ようが
そこには必ずドアがある
開けたくなくても心配はない
すぐに誰かが開けるから

ついにはそこから出なくてはいけない
居心地の良さはすぐに消えて
眼の前には汚れた路が伸びる
見慣れぬ顔が通り過ぎ
綺麗な靴も色褪せる

そこで打ち拉がれている君よ
逃げも隠れもできない君よ
全てが君に背を向けているわけじゃない

大きな夕陽が包み込み
毎日君を抱きしめる

色褪せた靴たちが
汗ばんだそのシャツが
埃と会話を始めたら
次のドアまで歩くのさ

どこに居ようが
そこには必ずドアがある
開けたくなくても心配はない
すぐに誰かが開けるから

大きな夕陽が包み込み
毎日君を抱きしめる




前へ | 次へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41
| 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82
(C) SUEMARR.COM 2008